28.2月.2012 ORIGINALMIND mini-CNCフライス Haku2042

研究室で小型のCNCフライス盤を買いました。
フライス盤はエンドミルというドリルのような刃を回転させて材料を削る機械なのですが、CNCフライスは刃(もしくは材料)をコンピュータ制御で動かすことができ、高精度に削ってくれます。最近出て話題になったRolandのiModelaなんかがそれです。

今回のHaku2042はフルセット(本体、制御基板、ソフト、集塵機キット、その他オプション)で45万円という非常にコストパフォーマンスの高いモデルで、これくらいの価格だったら、ものづくりが趣味の人は家に置いても良さそうな気がします。木・樹脂・アルミが削れます。
ちなみにキットだったので、週末を利用して作ってみました。

(前半はキット組み立てのインターバル撮影で、後半実際に動かしてあつあげを削っています。)
YouTube Preview Image

最近、10万円くらいの3Dプリンタや7万円の切削マシン(RolandのiModela)が出て話題になったのですが、将来的にはこういった工作機械が家庭に入ることもありそうな気がします。モデルデータをネットから落としてお皿とか削ったり。

ちなみに、あつあげの「あつあけ”」君が誕生1000日目です。

Write a Comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>