11.12月.2012 沢山の機材を持ち運ぶためのカメラバッグその1(Tamrac 5788)

今年はカメラをかついで年間5回の海外出張に行くことを目指してきたのですが、なんとか達成できました。そこで記念に、私が今年実際に酷使してきた出張・旅行用の装備をご紹介します(写真は画像クリックで拡大します)。
まずは出張・旅行用かばんについてなのですが、私の荷物はカメラが主体でガッツリレンズを持っていくタイプなので、主にそういうカメラバッグのお話になります。体力のある方向けw

まず今年一番活躍したのは、「Tamrac 5788」です。これはバックパックタイプのカメラバッグで、重い装備を楽に持ち運べる点が素晴らしいです。今回もフランス、イタリア、アメリカ等へのヘビーな海外出張に実際に何度も持って行きました。ちなみに、私はカメラ関係の装備は全て身に着けて持ち運びます(当然ですが)。もちろん荷物はカメラ以外にも沢山あるんですけど、それはでっかいスーツケースに入れてしまいます。

Tamrac 5788はTamrac Evolutionシリーズのミドルサイズのカメラバッグで、みての通り比較的沢山入るごついバッグです。EOS5D3などの中型ボディ1台(グリップ付きでもなんとかいける)、EF70-200mm F2.8クラスの大型レンズ1本、EF100mmなどの中型レンズ2本、その他何本かの小型単焦点レンズやクリップオンストロボ、三脚、サブカメラ、PC等を一気に持ち運べます。

Tamrac 5788

EF70-200mm付きの7Dと他レンズ2本を収納してみるとこんな感じです(ボディは7Dでも5Dでもサイズ的にそんなに変わらない)。なおEF70-200mmは、エクステンダーx1.4を付けた状態でも収納可能です。

EF70-200mm F2.8付きボディ、その他レンズ2本を入れてみた

背負った状態でも片側のストラップを肩から外せば、バッグのサイドから70-200mm付きボディをそのまま素早く引き抜くことも可能です。

背負ったままでサイドからの取り出しも可能

パーティションの位置を工夫し、重い70-200mmが底部に来て低重心になるように工夫しています(こういう自分なりの工夫を考えるのもまた楽しい!)。またパーティションを簡単に動かせるようにしています。これなら70-200mmを外した状態で収納し、その横に他のレンズを取り付けたボディも収納可能です。当然この状態のボディも、サイドから取り出し可能。

その他

上部には小物やストロボ、各種充電器等も入れられます。着替え等もOK。また、背面にPCも入ります。私のPCはThinkPad X201Tabletで少し分厚いのですが、これもいけます。

上部

背面に三脚の足を引っ掛けるポケットがあり、三脚もマウントできます。Gitzoのトラベラー三脚(GITZO GK2580TQR)をマウントするとこんな感じ。

三脚のマウント

この三脚は比較的大型なのですが、脚が180度回転して短くなりなかなか良い感じに収まります。でもこの状態で国際線の飛行機に乗ろうとしたら、ナポリ国際空港で止められて三脚は預けろと言われました。その時は時間も迫っており危うく乗り損ねるところだったのですが、それ以来飛行機に乗る際は三脚も預けていますw(空港によって対応はまちまち)

三脚のマウント

かばんの上にくっついてる小亀ポーチは、Tamrac 5692です。サブカメラであるA12 28mmユニット付きのGXRがすっぽり入ります。ただこの位置は海外ではひったくられて危険なので、カメラのスリングはカラビナ型キーホルダーに引っ掛けたり、ポーチ自体をかばんのストラップに取り付けています。

小亀

もう2年くらい使っていますが、今の所ガタはありません。色は少し汚くなったかも。ちなみに、Tamracの本拠地はアメリカなので、アメリカで買うと凄く安く買えます。

その他、詳しい機能については、こちらの動画で。

YouTube Preview Image

面白いけど流石にこれは壊れるだろw

YouTube Preview Image
ということで次回はカッコいいビジネスカバンライクなカメラバッグだけど、これまたガッツリ収納できるThinktankPhotoのUrban Disguise50(アーバンディスガイズ50)を紹介します。

Write a Comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>